早起きしてパン作り

6月 28th, 2012
by admin

子どもたちと一緒に夜10時前に就寝したら、朝の4時前に目が覚めてしまい、せっかくだからと早起きしてパンを焼くことにしました。

基本的に面倒くさがり屋の私は、手ごねでパンを作ったことがほとんどありません。
一次発酵が終わるまではすべてホームベーカリーにおまかせ。
さらに最近は、材料を全部放り込んでスイッチオン→気が付けば出来上がり、の食パンばかり作っています。

製パン・製菓材料を扱うことで有名な「cuoca(クオカ)」が300円弱で全35種類ほどもある「食パン用ミックス粉」を販売していて、お手軽にそれを使うこともあるのですが、今回は自分で計量することにしました。
先日、ホームセンターで「0.5g単位まで正確に量れる」デジタルスケールを購入したので、さっそく使ってみたくなったのです。
ちなみに、これまでは「計量カップ」「計量スプーン」「アナログでやたらかさばるはかり」を駆使して地道に計量していました。

さて、今回作ってみたのは「レーズンシナモンパン」。
普通の食パン材料にシナモンを入れ、なおかつレーズンを加えたもの。
cuocaの「アップルシナモンパン」がなかなか美味しく出来たので、このところシナモンづいている私です。

最新式?のデジタルスケールのおかげで、これまでとは比べ物にならないほど計量はスピーディーに終わり、ドライカレーを作ったときに余っていたレーズンは一次発酵後に機械に投入することにして、4時過ぎにスイッチスタート。
5年前に買ってからずいぶんと働かされてきたホームベーカリーですが、今日も調子よく頑張ってくれています。
その間、私は洗濯機を回したり、洗濯物をたたんだり、パソコンを開いたり……。

早起きは三文の徳、あるいは三文の得だと言われますが、これは本当ですね。
夜更かしして家事や仕事をするよりも、早朝の方がはるかに作業がはかどります。
パンだって、パン屋さんで一斤買えば200~300円くらいはすると思うのですが、自分で焼けばその半分くらいの材料費で焼き立てが食べられるわけです。

さて、朝の7時を回るころになって、家族がぼちぼちと起きてきました。
ところが……。
なんと、まだパンが焼きあがらない!
タイマーを確認すると、あと一時間くらいはかかりそうです。
仕方なく、夫と子どもたちには昨夜の残りごはんを食卓に出して、送り出しました。

シナモンの香りを存分に充満させて「レーズンシナモンパン」が焼きあがったのは、家族が皆出て行った15分後、朝の8時を過ぎてからでした。
……仕方なく、私一人で焼き立てを食しました……。

せっかく早起きしたのにちょっとさみしい感じですね…(笑)
さらにその日は仕事が休み。
友人とドライブがてらちょっと遠出してランチをすることになっていました。

友人の車で出かけることになっていたのですが…
約束の時間に家の外に出てみると、そこにあったのはベンツBクラスの車。
え?って思ったのもつかの間、窓から友人の顔が出て来ました…
いつの間にベンツなんて乗ってたの…?
聞いてみると自分の車は修理中で夫の車を乗ってきたのだそう。

おかげでちょっぴりリッチな気分でランチに行けました♪

Posted in 日記 | Comments (0)

メイドイン印度

6月 27th, 2012
by admin

ワンピースは使い勝手のいい服です。ワンピースを着るときは女に生まれてよかったと思います。締め付けがないので楽ですし、夏はとても涼しい。日本向けの服だなあとつくづく思います。特にインド製のワンピースは柄が可愛くてオシャレで、しかも安い。これが決め手でもあるのですが、日本製のものなら1着しか買えない金額でインド製だと2着から3着買えてしまうんですね。夏物は傷みやすいですから、数があったほうが重宝します。

インド製のワンピースは、アジア雑貨やさんなどに行けばたくさん並んでいます。シーズンになるとハンガーラックにかけられて店頭にたくさん置かれますよね。
アジア雑貨屋の独特のお香の匂いがどうも苦手でなかなか行かないのですが、ワンピースを買うときだけは行きます。そのシーズンに使う分ぐらいは一度に買うかもしれません。
ワンピースの上に羽織りを1枚用意しておいて、日傘を差してサンダルを履けばもうしっかりお出かけできます。

暑い国の衣服は夏場はやはり重宝します。逆に冬物衣料はあまり着る気になれません。布がゴワゴワしているというのが一番大きな原因です。それ以外にも、デザインがアジア系すぎて好みの範疇を超えてしまうということがあります。夏物ぐらいなら、例えばタペストリー柄程度の軽いものもあるので使いやすいですよね。ただし、ワンピースの場合はかなり気をつけなくてはいけないことがあります。それは着用時の透け透けです。

布が薄いので、裏地がついていても太陽に当たるとかなり透けてしまうのです。それでもいいという方はどうぞご自由に、という感じですが、あまり見ていていい気分ではないというかハラハラしますね。わー!透けてる!という感じで、電車などで見かけるとかなり焦ってしまいます。注意してあげたいけど、注意したところでどうしようもないし。これを防ぐために、薄めのワンピースを着るときはインナーワンピースを着たほうがいいですね。

インナーの長い丈のものが売っています。1000円~2000円程度出せば2シーズンぐらいは余裕で持ちます。ユニクロや無印なんかでも売っているので、多めに用意しておけば夏場は大活躍です。夜の寝間着がわりにも使えます。が、それ1枚でコンビニなどには行かないように気をつけてほしいですね。たまにいます(笑)昔でいうところのスリップやネグリジェに近いものですからね。周りにハラハラさせないように気をつけたいですね。

最近、車を買おうと思っています。
セレナの燃費が良いらしいので、候補に入れてます。

Posted in 日記 | Comments (0)

最近の出来事

4月 13th, 2012
by admin

最近の出来事

桜の可愛いらしい花が、奇麗な季節になりました。
各地でやれお花見だ、やれ宴会だと、たくさんの人たちが名所に足を運んでいます。

桜を見に行く多くの人は、桜の木の幹の部分なんて気にしないでしょうが、私はなんとなくそちらも気になってしまいます。

せっかっくの美しい花も、幹の部分が不細工ではなんだか台無しになってしまうような気がするのです。

そんな馬鹿なことを今年も思っていると、ちょうど長澤まさみちゃんのニュースがテレビに流れました。
4月13日(金)からスタートする新ドラマ『都市伝説の女』(テレビ朝日系)の制作発表のニュースです。

まさみちゃんは、眩しいピンクの春ニットに、大降りのお花があしらわれた白ベースのミニスカート。
足下には、淡いピンクのパンプスをあわせ、「春全開」のコーディネーションでした。

そんな春ファッションを際立たせていたのが、ニョッキリと伸びた美しい脚!

「最近どこいっても、脚が!奇麗だねって褒められるので、ぜひ出していけたらなと思ってます!」と歯にかむまさみちゃん。
それを見た瞬間、「あぁ、そういうことか!」と妙に自分で納得をしました。

そういうことってどういうことなのかというと、桜がとっても奇麗でも、幹がブッサイクでは、「脚のど太い長澤まさみ」だということなのです。
顔はべっぴん、脚も絶品のまさみちゃんが、「美しい」のは言うまでもありません。

妙に納得をした後は、鏡に写る自分の脚をみて、ため息。
桜はまだ散ってはいないと言い聞かせるものの、なんだか心が空しくなりました。

こんな時は、お花見という名の「飲み会」。
お酒を飲めば、桜の花や幹へのこだわりも吹っ飛びます。
なーんにも関係なくなり、楽しい時間に……。
これが若さの秘訣だと、春の陽気を楽しみました。

みなさんは、春をいかがお過ごしですか?

Posted in 日記 | Comments (0)