親友が叶えた夢

11月 24th, 2012
by admin

ここ最近で一番嬉しかったのは、中学生からの腐れ縁の親友が喫茶店をオープンさせたことです。

私の家から少々離れているので、ふらっと通うには難しいものですが、オープンの日には仕事の半休を取って行ってきました。

天気は晴れでしたので、バイクで行ってきました。もっと近くに作ってくれればなと思っていたものですが、バイクで行くとしたらちょっとしたツーリング気分にもなれるので、なかなかいい距離かもと感じられました。

喫茶店をオープンさせた親友もバイク好き。ということで、駐輪場もしっかりと完備されていました。やるなって思いましたよ(笑)。

コーヒーの味は私、舌が肥えないもので良く分かりませんが十分美味しかったですよ。一応ベテランマスターの元で修行をしていたくらいですから。

サイドメニューのパスタがまた絶品でした。料理が趣味という奴でもありましたので、そこは抜かり無しです。カルボナーラが唸るほど美味しかったです。

後、喫煙メインのお店というのがまた彼らしいです。彼の友だちは喫煙者が多いですし、喫煙者を嫌う方も少ないですから、そのような考慮をしたのでしょう。ただ、空気清浄機や観葉植物をしっかりと置いていたので、空気を綺麗にする心がけもちゃんとしています。

彼がこの先上手いこと商売を続けていけるかという確証はありませんが、私のような仲の良い固定客はたくさんいます。彼の人柄のよさが役に立ったなって感じです(笑)。私たちの口コミが広がれば、きっと繁盛することでしょう。

この出来事は本当に嬉しかったです。というのも、喫茶店は彼の夢だったんですよ。高校生の時「喫茶店とかやりたいよな~ そう、バイク乗りが集まれるような」なんてことをポツリと言っていたのを覚えています。

でも、卒業後は専門学校に行ってコンピューター系の会社に勤めるも、3ヶ月で辞めてしまい、その後職を点々として、仕舞いにはコンビニのアルバイトで暮らして暗中模索な日々を過ごしていた時期もありました。

ですから、私も含め周りの友達は心配をしていました。しかし蓋を開けてみたら、喫茶店をオープンするべく複数のアルバイトを掛け持ちをして資金をため、知り合いの喫茶店で修行していたっていうんですから、本当にびっくりです!

水面下でそうやって活動していたのは、恥ずかしい反面、みんなを驚かせてやりたかったからだそうです。まったく大成功ですよ!

Posted in 日記 | Comments (0)